2013年7月3日~7月4日の2日間にわたり行った、熱絶縁施工技能士検定のための実技講習会の様子を紹介します。
2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習

材料確認中

 本試験に少しでも慣れて頂けるように、材料の確認から始めます。 指導員のミスもあり、ヘルメットを被るように指示していなかったためにヘルメットを被っていませんが、本試験ではこの様な事が無いように注意しましょう。

 T管部分と7片エルボの展開を実演しながら説明した後、実際に展開して型を作り、いよいよ作業に取り掛かります。

2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習2 2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習3 2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習4

2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習5 2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習6


2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習7 丁寧になおかつ迅速に切り込みをして、保温材を取り付けていきます。
この時、急ぐあまりに切り込みが少なくて浮いてしまっていると、後からこの上に取り付けていく防水紙と原紙に悪影響が出てくるので気を付けて!


2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習8 テープ巻き中。ALGC巻きになってからは、後から霧吹きでしわを伸ばす事が出来なくなったのと滑るのとで巻きにくいという意見が多いです。


2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習9 カバーの加工場です。3本ロール以外は、全部手でたたいて加工するのですが、最近は機械も普及しているので苦手な人が増えてきている傾向があります。


 保温材の上に、防水紙、ポリエチレンフィルム、巻き番線、見えないところには、保温筒の滑り止めなど、工程が多いので忘れることのないようにしっかりと施工中です。

2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習102013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習112013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習12


2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習13 作業場は常に綺麗に掃除をしながら、1工程1片付けくらいの余裕がほしいところです。

 ケガをしないためにも必要なことだと思います。


2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習14 フランジカバーの製作途中です。
この作業も今はほとんどの工程が機械なので、苦手にする人も多いです。

2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習15 2013年度熱絶縁施工技能士検定実技講習16


cimg0560 cimg0561

 カバーの完成と7片エルボの貼り付けの様子です。 今年の分は、完成写真も撮り忘れていましたので、後ろのほうに移っているものが完成状態です。

 本番も講習の通りに出来れば、合格間違いなしですね! みなさんお疲れさまでした。本試験も頑張ってください。