2014年度の熱絶縁施工技能士検定のための実技講習の様子をお伝えします。

 2014年7月3日~7月4日の2日間にわたり、滋賀県保温保冷事業協同組合主催による、技能講習講習の実技指導員として参加しました。

2014年度 熱絶縁施工技能士検定実技講習風景1 材料に破損や欠品が無いかと、持ち込み工具の確認中です。


2014年度 熱絶縁施工技能士検定実技講習風景2 2014年度 熱絶縁施工技能士検定実技講習風景3 2014年度 熱絶縁施工技能士検定実技講習風景4

 T管部分と7片エルボの展開方法の実演と説明の後、実際に展開して施工上必要になる方の製作中です。 出来栄えの良否を左右するポイントなので慎重に!


2014年度 熱絶縁施工技能士検定実技講習風景5 2014年度 熱絶縁施工技能士検定実技講習風景6

 展開して製作した型を元に切り込みをしていきます。 きれいに切れてますね。


cimg0846 cimg0862 保温材を取り付けた後、防水紙・原紙も同じように型をもとにして切り込み取り付けを行っていきます。
 ですから、最初に型を製作する時には焦らず正確に型取りが出来るように注意が必要になります。


cimg0851 cimg0852cimg0858 テープ巻きの実演中です。


cimg0867cimg0868


cimg0863 cimg0870

 フランジカバーの製作中です。今はほとんど機械で加工する工程を、すべて手作業で行います。

昔の職人さんたちなら、何のことのない作業ですが・・・。


 フランジの取り付け、および完成状態の写真を撮り損ねてしまいましたので、今年はここまでです。

みなさんお疲れさまでした。