2010年度 1級・2級熱絶縁施工技能士検定 技能講習

 毎年、滋賀県保温保冷事業協同組合主催で行われている、1級・2級熱絶縁施工技能士検定のための講習会が、今年も開催されました。
技能講習と学科講習のうちの、技能講習が7月8日~7月9日の2日間にわたって実施されました。


今年から実技講習の講師をする事になりました


 滋賀県保温保冷事業協同組合で行われている検定のための講習会は、かなり前から実施されていて、私も1・2級技能士検定の時には受講していましたから少なくても25年から30年以上の歴史は確実にあります。
今年から私もこの実技講習の指導員をすることになり、初めての経験でしたので緊張しましたが、その時の紹介をさせて頂きます。

本試験と同じ配管、同じ材料です

2010年度 熱絶縁施工技能士実技講習1

 まずは材料確認から。 本試験と同じように進めて行き必要に応じて、施工時の注意点や実演などをしていきます。


2010年度 熱絶縁施工技能士実技講習2
2010年度 熱絶縁施工技能士実技講習3
2010年度 熱絶縁施工技能士実技講習4

 施工要領、施工方法、実際にT管部分の展開7片エルボの展開と型の製作の実演後、各自作業に取り掛かって頂いてます。


2010年度 熱絶縁施工技能士実技講習5
2010年度 熱絶縁施工技能士実技講習6

 フランジカバーの加工の説明と、7片エルボの完成状況です。


 全体の仕上がりの写真を撮ってなかったので、今回はここまでです。


 つたない説明だったにもかかわらず、試験直前という事もあり皆さん真剣に受講されていました。

 本番もがんばって下さい。